土地の用途地域についての基礎知識。

口コミ評価

5
(2)
星5つ ★★★★★ 2
星4つ ★★★★ 0
星3つ ★★★ 0
星2つ ★★ 0
星1つ 0
     

土地の用途地域についての基礎知識。の口コミ・評判

口コミ件数2件


1.第一種低層住居専用地域

2階建ての一戸建てや、低層階アパート・マンションを主とした住宅地域だけしか建てられない地域のことです。

小さな公共施設は建設できますが、商業施設は建築できません。コンビニも建てられません。

物件として最も適した場所ですが、基準が厳しいので、それほど多くありません。

こちらには、低層階住宅以外は、保育園、小中学校、診療所ぐらいのみしか建設できません。 この場所にマンションが建てる場合は低階層で、街に溶け込んだ配慮がされています。なので、価格は割高になります。

2.第二種低層住居専用地域 第2種低層住居専用地域

上記の第一種低層住居専用地域」で建てられる建物以外に、コンビニなどの小規模店舗が建てられます。

住宅以外に建てられる建物は、コンビニエンスストア 小規模店舗・飲食店(150㎡以内の店舗)、 喫茶店などです。それ以外は、第一種低層住居専用地域と同じです。

3.第一種中高層住居専用地域

3階建て以上のマンションやアパート、住宅街が建てられる地域です。私が住んでいた武蔵村山市にある不動産物件も、こちらの地域内の物件です。

中規模な公共施設や大学、病院なども建設できます。

こちらの地域には、中高層マンションが集中して建てられています。

住宅以外に建てられる建物は、中規模施設・飲食店(500㎡以内の店舗)、 大学 、病院、3階建以上の中高層マンション、大学などが建設できます。

4.第二種中高層住居専用地域

上記の「第一種中高層住居専用地域」の建物に加え、小規模のスーパーや事務所、店舗の建設が可能です。 利便施設の立地が認められていますので、人が集まる場所になり出入りが多くなります。

住宅以外に建てられる建物は、小規模スーパー(2階以下、1500㎡)、 事務所 、事務所などが建設できます。

5.第一種住居地域

中規模(3000㎡以下)のスーパーや、小規模ホテル、中小の運動施設、中規模の店舗、事務所を建設することができます。こちらは、日本で一番多い地域になります。

住宅以外に建てられる建物は、中規模スーパーなどの店舗(3000㎡まで)、 小規模ホテル、事務所などが建設可能となっています。

6.第二種住居地域

10000㎡までの一定条件の店舗・事務所・ホテルなどが建設できます。 住宅以外に建てられる建物は、 ショッピングセンター(10000㎡、一定条件付き)などの建設ができます。これから建設されると、環境が一変する可能性があります。

 

口コミ投稿フォーム

タイトル
性別
年齢
職業
評価 ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★
コメント
口コミを投稿する

One thought on “土地の用途地域についての基礎知識。”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *